名古屋、愛知、岐阜、三重の防犯カメラ屋                   愛知、岐阜、三重で防犯カメラを安価で工事まで確実にやってくれる会社
 東海防犯サービス防犯カメラ 名古屋の専門店【東海防犯サービス】    お気軽にご相談ください。 Tel: 052-825-5616

 
トップページ>BNC端子について

BNC端子について

「防犯カメラの設置を自分で行いたい!」とお考えの方も多いのですが、なかなか難しいというのが現状です。設置手順自体はさして複雑でも特殊技能が必要という訳では無いのですが(綺麗に防犯上の隙が生じない施工を行う場合は別です)、防犯カメラ特有の専門工具や部材が必要になるということが大きな要因です。特に「BNC端子を作る」ということがそれに該当します。

防犯カメラを設置するには、防犯カメラ〜デジタルレコーダーまでを同軸ケーブルで繋げる必要があります。その同軸ケーブルの先端がBNC端子なのです。防犯カメラを通信販売等で購入すると、同軸と電源線が一体になった出来合いの線が付いてくる場合がありますが、本格的な配線を行うにはやはりオーダーメイドで配線まで作らなければなりません。
 
 防犯カメラシステム構成図

防犯カメラ工事でBNC端子がどのように作られるのかを紹介します。

 BNC端子の作り方

BNC作成に必要な工具類 必要な道具は、ニッパーとカッターとBNC専用圧着ペンチです。

圧着ペンチは同軸ケーブルにBNCを圧着するための専用工具ですので、日曜大工の工具箱に入っているようなものではありません。定価で2万円近くもする高価な工具です。中には数千円で売っている安価な圧着ペンチもありますが、ダイスの精度が乏しいのでお勧めできません。
BNC端子の部品構成 BNCの構成部品です。左から、BNC本体(プラグ)と圧着スリーブと中心コネクタです。
同軸ケーブルをニッパーでカット まずは同軸ケーブルを必要長さ分でカットします。必ず真っ直ぐ切らないといけません。
カッターでなぞります 同軸ケーブルのゴム被膜であるシースをストリップします。カッターでコロコロ外周を指で押しながらなぞります。被膜を外す前に、圧着スリーブを通して線に通しておきます。ケーブルブーツを使用する際も同様です。
縦にカッターを入れる 縦にカッターを入れて被膜を取りやすくします。
被膜を外した同軸ケーブル すると簡単にゴム被膜を外すことができます。
カッターを強く当てすぎて編組まで傷ついていたらやり直しです。
同軸ケーブルのカット寸法 続いて白い絶縁体をカッターでストリップして中心コネクタを露出させます。編組も寸法通りにカットします。寸法通りにカットができていないと、簡単に抜けてしまったり接触不良が生じてしまいます。
中心コネクタを圧着 ケーブルのストリップが一通り終わったら、まずは中心コネクタを圧着します。
BNC本体を押しこむ 続いて、BNC本体を「カチッ」というまで押し込みます。
カラーを圧着 予め通しておいた圧着スリーブを本体に接触させて圧着します。
BNC端子の完成 BNC端子の完成です。
この手順は電気工事的にはポピュラーな手順ですが、実際の防犯カメラ工事の現場では、脚立に乗ったままありえない姿勢でBNC端子を作らなければならない時もありますので必ずしもこの通りはできません。ハサミ1本(あえてハサミです)で全てのストリップを完結させてしまうこともあります。

お問い合わせ


Copyright (C) 2017 株式会社東海防犯サービス. All Rights Reserved
   <本サイトの画像、文章の無断転用は固くお断りします。>