社長の詳しいプロフィール

Profile of the president

インターネットやホームページは今や情報収集には欠かせない便利なものですが、情報発信者の顔が見えないメディアですので「どんな相手か分からないから不安、信用できない」という欠点があります。そこで当ホームページをご覧の方の不安を少しでも和らげることができるように、当社社長のプロフィールと、この仕事をするに至るまでの簡単な経緯を紹介させて頂きます。

株式会社東海防犯サービス
代表取締役  山形 浩務(やまがた ひろむ)
年齢: 1979年生まれの42歳
出身地: 岐阜県可児市
住んでいるところ: 名古屋市天白区
家族構成: 妻、子供2人(16歳と13歳の息子)、猫2匹
趣味: 読書(月に10冊以上読みます)、バイク、将棋、工事

防犯業界に携わった経緯:
最初に防犯の仕事に興味を持ったのは20代前半の頃です。ひょんなことから鍵屋の世界に興味を持ち、鍵屋に弟子入りしたのが最初に防犯業に携わったキッカケです。この時はタウンページで鍵屋の項目を探し、上から順番に電話をかけて弟子入りさせてくれる所を自ら探しましたが、仕事ではなくお金を払って技術を身に付けるという昔ながらの師弟関係の世界でした。とても厳しい環境で得る物は多かったですが「自営でやっていこうと思ったら技術だけ身に付けても通用しない」ということに気付いて次に営業職を試みます。

そして、全国規模の某防犯機器販売会社の名古屋支社にて営業職として就職します。最終的には支社の営業責任者になりマネジメントや管理業務全般に携わりました。防犯カメラの販売施工に携わったのはこの会社がキッカケとなります。3年程勤めましたが、「自分で会社を経営したい!」という情熱の火が消えることはなく退職します。

その後、営業のスキルには自信があったのですが工事を完璧にこなす自信までは持てなかったので、地元の電気工事業者に請負契約を提案し、個人事業主として防犯機器の営業や工事を生業としていました(俗に言うジョイントベンチャーです)。メーカーからの工事依頼や電気工事まで幅広い業務をこなしていました。

ほどなくして東海防犯サービスを個人事業で興して現在に至ります。1年後には法人化しました。20代の頃から今に至るまで営業・工事ともに非常に密度の濃い経験を積んできていると思います。特に職人としては才能があったようで、工事のスピード、質、臨機応変な対応力にはかなり自信があります。とにかく仕事が好きです。今やっている仕事は最高に楽しくて刺激的なので他にやりたいことは何もありません。

会社としては現段階では社長個人の力量に頼っている面が非常に大きいと言わざるを得ませんが、将来的には卓越した未来志向型企業を構築できるように日夜奮闘中です。プロとして自分の意見に自信を持つというよりは、いかにして防犯カメラを設置される方の視点から目的を達成することに協力できるかというスタンスの仕事を心がけています。