1. HOME
  2. 業種別の防犯カメラ活用事例
  3. 個人宅での防犯カメラ

Surveillance camera Solutions

個人宅での防犯カメラ

上の図面はやや極端ではありますが、戸建て住宅のような限られた敷地を防犯カメラで監視する場合は、建物外周をカメラでカメラを追うように設置することが基本です。そうすることによって敷地に侵入する人物を漏れなく監視することができますし、カメラに対する悪戯や破壊行為に対しても現場を抑えることができ抑止にもなります。

「特定の不審者の犯行現場をキッチリ証拠に抑えめたい!」というような場合は、防犯カメラの設置位置をどこにするかが重要なポイントです。傍目には分かりにくい形で設置したり、カメラが自体が破壊されないように設置するような提案もお任せください。今までの豊富な経験から適切な提案をさせて頂きます。

東海防犯サービスでは、個人のお客様に対しても最初から適正利潤(安価)の価格提示をしておりますので、「値引き交渉が苦手、、、」「交渉事には慣れていない、、、」という方にも損はさせません。安心してお問合せ下さい。

<新築で防犯カメラ設置をご検討の方へ>
新築で家を建てられる場合、最初から防犯カメラ設置を行いたいという方が増えています。新築時から計画すれば隠蔽配線で綺麗に防犯カメラを付けられます。そのような場合はハウスメーカーに問合せて設置することももちろん可能ですが、より安くハイグレードな防犯カメラを設置されたい場合は弊社のような専門業者への問い合わせがお勧めです
ハウスメーカーの担当者に、「防犯カメラを設置したいので業者を紹介します」と弊社連絡先を渡して頂ければOKです。ハウスメーカーとの打ち合わせは全てお任せください。どこのどのような配管を入れておけばいいのかをキッチリ打合せさせて頂きます。もちろん機器設置、ネット設定までお任せいただけます。 戸建て住宅新築時に防犯カメラを設置されたい方は是非お問合せ下さい。

防犯カメラ以外にも、センサーライトをカメラに併設したり、赤外線センサーを外周に張り巡らせて警戒中に侵入されたら警報や通報などの機械警備システムの構築も得意です。カメラと連動させることにより更に先進的な活用も可能です。窓からの侵入対策は、防衛くんがお勧めです。

 

業種別の防犯カメラ活用事例