1. HOME
  2. 業種別の防犯カメラ活用事例
  3. 店舗での防犯カメラ

Surveillance camera Solutions

店舗での防犯カメラ

店舗、小売店では様々な用途で防犯カメラが活用されています。下記が一例となります。

  • 万引き、内部不正対策
  • スタッフの勤怠管理
  • スマホで確認
  • マーケティング活用

店内やバックヤード、事務所に設置

店内やバックヤード、事務所に設置

不在時でもスマホから店舗の確認、過去映像の検索を行えます。

お客様の店内での流れや滞在場所・時間を計測してマーケティング活用

店舗での効果的な防犯カメラ設置位置

1.レジ上に設置
一番頻繁にお金が出入りする場所で最もトラブルが起こりやすい場所なので必須の取り付け位置です。複数レジがある場合は各1台の設置が望ましいです。音声を取集してお釣りの受け渡し間違いの際も解決に繋げることができます。

2.出入口に設置
出入口を正面から写すのは強盗対策としても非常に有効です。有事の際に人物特定をするのにも役に立ちます。

3.ストックヤードに設置
内部不正対策でバックヤードを見渡すように設置するのが有効です。

4.店内通路に設置
カメラの真下は死角になりますので、参考図面のように防犯カメラ同士で互いに真下を補い合うようにカメラでカメラを追うように設置するのが基本です。また、距離の長い通路では両サイドから挟み込むように設置します。

5.屋外の駐車場に設置
屋外に設置する場合は、ハウジングという防滴カバーを使うかカメラ自体防滴仕様のバレットカメラを使用します。駐車場や駐輪場を写すことにより、ゴミの不法投棄やたむろによるお店のイメージ低下を予防することになります。

6.事務所に設置
内部不正対策として事務所への設置も必須です。従業員が故意に録画を止めてしまうということもありますので防犯カメラの録画機を監視することも大切です。


店舗での防犯カメラは、お店の状況に合わせて適切な位置に適切な台数を設置することが大切です。防犯カメラを設置して、安全で効率良く管理できる店舗運営に活用することができます。
集音マイクやスピーカーを設置してスマホから映像・音声の確認、発声も可能です。スマホを活用することで防犯カメラの幅が大きく広がります。

東海防犯サービスではショッピングモール全体から個人店まで、適切な防犯カメラのアドバイスとプロの設置を良心的な金額にて提供させて頂きます。詳しくはお問合せ下さい。

業種別の防犯カメラ活用事例